ダグラスの日記

これはみんなの為のブログであり、誰のためのブログでもない

天国を見つけた脳科学者~右脳と左脳の意識の旅~

面白いTEDを見た。

 

ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作 - YouTube

www.youtube.com

 

脳の研究者だったジル・ボルト・テイラー博士が、脳卒中で左脳の機能を失った時の体験談。

もともと精神疾患の研究をしていた博士は、兄が統合失調症だったことから、脳の研究者になった。そんなある日、脳卒中で左脳の血管が破裂しちゃった。すると、歩けない、話せない、読み書きもできない、記憶もできない、要するに赤ちゃん状態になってしまった。

人間の脳って、右脳と左脳が別々に情報処理してる。右脳は「今この瞬間」を重視して、映像で考える。一方、左脳は過去と未来を重視して、言語で考える。で、脳卒中で左脳がやられちゃった博士は、右脳の意識を通して世界を見るようになった。そうすると、自分を取り巻くすべてのエネルギーと繋がった存在、つまり宇宙と一体化したような感覚になったらしい。

そこでは、仕事のストレスも、人間関係の悩みも全部消えて、平安で満ち足りた気分になったんだと。天国を見つけた!って。でも、左脳が戻ってくると、また個人としての意識が戻ってきて、トラブルだ!ってなっちゃう。この右脳と左脳の意識の行ったり来たりが面白い。

結局、博士は8年かけて完全に回復したんだけど、この体験を通して、右脳にある深い内的平安の回路を大切にすれば、世界に平和が広がると提唱してる。

天才数学者もコーディング下手? ハンス・リーゼルのクソコード事件

古のプログラマーエッセイを読む特集。

 

こんな論文がある。

 

Garbage In Garbage Out: When Bad Programs Happen To Good People

https://citeseerx.ist.psu.edu/document?repid=rep1&type=pdf&doi=b988df1012927c83724b5cffe529a4df66e90d78

 

まぁ、ざっくり要約すると、優秀な人でもクソみたいなプログラム書く奴いるよね、って話。

数学者とか研究者とか、頭良さそうな人でも、コード書くの下手くそだったりするじゃん?なんでだろうね。

で、具体的な例として、ハンス・リーゼルっていう数学者のコードがクソだって言ってる。Jacobiシンボルを計算するコードが、ループ構文使わずにgoto文で書いてあって、読みにくいし、書き直した方がいいよねと。

リーゼルはコンピュータ使うパイオニアだったらしいけど、16年前に書かれた有名な論文「Goto文は有害だ」とか知らないのかな?ってくらい、クソコード書いてるよねって言われてる。

まぁ要するに、いくら頭良くても、コード書くの下手くそな奴はいるから、ちゃんと勉強して、わかりやすくエレガントなコード書こうぜってことらしい。

タスクの分割とは、メンタルヘルスのレシピ

仕事の効率化とメンタルヘルスの維持について、考えていきたいと思います。特に、大きなプロジェクトを小さなタスクに分けることの重要性に焦点を当ててみましょう。

私たちが仕事をしているとき、何がストレスの源になるかというと、「仕事が進まないこと」が大きな要因です。実は、これはただの感覚ではなく、多くの人にとって共通の悩みであり、進捗の停滞がメンタルヘルスにも影響を与えることが知られています。

では、どうすればこの「進まないジレンマ」から抜け出せるのでしょうか?答えは、タスクの分割にあります。大きな仕事を小さな段階に分けて、それぞれを「todo」から「doing」、そして「done」へと移動させることで、目に見える形での進捗を実感できるのです。これが、心理的にも大きなサポートとなり、モチベーションの向上につながります。

例えば、プロジェクトを進める中で、メインタスクがなかなか前に進まないと感じたときは、別の小さなタスクを設定してみると良いでしょう。小さな成功を積み重ねることで、自分自身に「できる!」という感覚を持続させることができます。これが、真の「気分転換」につながるんですね。

そして、チームで働いている場合は、このタスク分割を共有することで、メンバー全員が毎日少なくとも1つは「done」と言えるようにしましょう。これにより、チーム全体の士気も上がり、お互いを助け合いながら前進することができます。

タスクを細かく分けることは、小さな一歩かもしれませんが、それが積み重なることで、大きな成功へと繋がっていくのです。今日から、あなたも小さなタスクを設定して、進捗を楽しみながら、メンタルヘルスを守っていきませんか?

一つ一つの「完了」を楽しんでみてくださいね。

GYP

ガチでやる気パーソン

scrapbox.io

 

 GYPは[突破力]のあるアイデアや知見を生み出す[原動力]となる。
 組織の規模や資金力よりも[GYPの意志]が[未来を切り開く鍵]となる。
 一方で組織が大きくなるとGYPが疎まれる傾向もある。米国ではストックオプションでGYPを報いる文化がある。
 GYPは[既に自分のやりたいことを見つけている]ので、[外から声をかけて仲間にするのは難しい]面もある。
 GYPを中核に、周りを[与えられたミッションをこなす人]で固め、[口だけの人]は[辺縁に追いやる]のが重要。
 GYPと仲間たちがいる組織は強いが、GYPと[便乗者]ばかりだと腐敗する。
 GYP自身になるのは難しいので、GYPの近くで燃やされたいという意見も。
 GYPの[モチベーションを削ぐマネージャー]がいると現場が終わる。
 GYPは中学生の頃から考え続け、[休日返上]で[没頭]するタイプが多い。

 

やはりやる気。

 

dgls.hatenablog.com

ゴールに繋がるパス回しをしたい


こんなポストを読んだ。

 

 

華麗にパス回ししたいし

 

相手の手前にスルーパスしたり

 

ロングフィードしたり

 

ゴールしたい。

 

ドリブルで切り込んでラストパスもしたい。

 

時にはバックパスして、最終ラインでパス回ししながら、状況を見て前線にボールを供給したい。

 

最後は個の力になるのかもしれないけど、そこまでは組織力(ボール回し)なんだろうな。

集中してはいけない


リラックスして広く頭を使うことで、分散系が活性化して新しい発想が生まれる。

 

サバイバルモードだと、集中系が活性化して、持っている知識を引っ張り出して問題対処する。狭く頭を使う。

 

サバイバルモードは、太古の狩猟時代に獲物を狩る時や、外敵の脅威に対処するために重要だった。

 

恐怖や強いストレス下で生き残るための本能だった。

 

視野を一点に絞るやり方だから、広い視野が必要な場面ではデメリットも大きい。

 

新しいモノを作ったり、新しい改善策に気づいたり、新しいやり方を生み出すのはサバイバルモードではない。

 

リラックスしなければいけない。

心理的安全性はコミュニケーションだけのためではない。独りで発想するために重要なのだった。

常に余裕のある環境に居るべきだ。

 

仕事なら、オフィス、リモート関係なく、リラックスできれば良い。時には散歩したり、宙をボーッと眺めていい。それがオフィスでできないならリモートにするか座席が籍を別に移る。リモートして対面した方がよければさっと出社して終わったらさっと帰る。

そういう環境を創ろう。

質のために、手を止めよう

アウトプットの「量」というものは分かりやすい成果で、つい量を求めがちになるんだけど。

 

今できる最高のものを量産するのも素晴らしい事だけど、それではいつまでも「質」に対するブレイクスルーが起こらない、ってことがよくある。

 

では「質」を上げるにはどうしたら良いかというと、やっぱり何処かで手を止めて、じっと課題と向き合う時間が必要だと思う。

 

課題をあらためてよく観察して、お茶でも飲んで、散歩しながら思案して。

 

こうした時にパッとアイデアが出るという経験は誰しもあると思う。

 

リラックスして、頭を柔らかくした時にしかできないことがある。

 

つい、日々何かに追われて忘れがちだけど、急がば回れという先人の言葉は多分正しい。

 

(今風に言うとストレッチゴールに対して、マイルストーンを細かく立てて、成果指標を小刻みに確認しながら、進んだ方がいいということなんだろう)